リサイクルする方法

パソコンの回収・リサイクル

パソコンのリサイクルとしては、資源有効利用促進法に基づくシステムが存在する。これは、使わなくなったパソコンを回収し、分解し、資源に戻すという流れであり、パソコンメーカーが責任を持って行っている。また、2013年からは小型家電リサイクル法に基づいて、他の家電と同様に家電量販店においてパソコンを引き取るサービスも始まった。
これらの回収のメリットとしては、パソコンの引き取りに日本郵便を利用しているので移動中にさらに破損したりする危険性がないこと、再資源化センターで一括管理されるため個人情報などの漏洩にも配慮がなされること、金属として再利用されるため、次の買い取り手にパソコンのデータが渡ってしまう可能性が皆無な所が挙げられる。さらに、回収もリサイクルも無償なのだ。

再利用してもらうには

上記の法律に基づくリサイクルシステムは、回収したパソコンは必ず分解してもう一度金属から利用するという前提のもとに成り立っているため、まだ動くからといって中古のパソコンを次の持ち主に使ってもらうことはできない。
では、次の持ち主にもまた大切に使ってもらいたいと思った場合、どのようにすればいいのだろうか。中身のデータを抜き取られる危険性を考えるなら、一番安全なのは知人に譲渡することであろう。家族に渡したり、家族供用のサブマシンとして利用してもよいかもしれない。また、自分自身で分解し、他の機械部品と合わせて自作マシンに利用したり、少し「遊んで」見たりすることもできる。中古のパソコンは、売ってお金にしようと思わなければ、無料で手放すくらいなら自分自身で大いに役立てることができる可能性を秘めているのだ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る